『地球移動作戦』読了。

  • B!

 特に目的もない備忘録的な感想文章でござい。


さて、『プロジェクトぴあの』が面白かったのでこちらも読んでみた。

本書のほうが、先に書かれた、時系列的には次の作品というねじれがあります。

本書のなかでも、偉大なるマッドサイエンティスト結城ぴあのの名前は言及されるのですが、とくにテーマ的に絡んだりもしてきません。

時代が進んでいるので、いろいろと、新しいSFガジェットが出てきますが、どうにも『プラスチックの恋人』を先に読んでしまっていると、目新しさはない。

そのかわりに、超巨大惑星接近の危機を回避すべく、地球を移動させるという壮大な展開が待っています。

まっているのだけど、どっちかっていうとその展開が実際はじまるまえの、危機が迫ってくる中、さまざまな案が出されたり、宗教の変遷があったりと、前段階のほうが面白かったってのが正直なところ。

それらのゴタゴタがある上巻のほうが抜群におもしろく、下巻の方は、アクションスペクタクルシーンが多めで、話に広がりはなかったかなーという感じ。

もちろん全体通して満足感は高かったけど

それにしても、文庫版のパットしない表紙イラストはなんだかなー

この記事をシェアする
  • B!
次の投稿 前の投稿
コメントなし
コメントする
comment url