『リトル・ファイアー~彼女たちの秘密』4話

 こういう家族ものって、見ながら自身の家族のことを思い浮かべたりするもんでしょうかね。私はとんと想起もなくです。

さて4話。

捨て子の本当の親が裁判を起こすような展開に


もう話がどこへ転がるか全くわからない。でも刺激的な展開で観るものを惹きつけます。何料理か全くわからないけど味が濃いって感じ。

長女は初体験から肉体関係にはまってるとか

長男と次男は二股っていうか、女の移り気に惑わされるっていうか。

登場人物たちが結構突拍子もない行動をしでかすんですが、これがけっこう各々察せる感じが上質なお話だなと。

長男が、次男の想い人の誘いに乗っちゃうのも所詮は思春期だと納得できるし、罪悪感から最後までできないとか、このね理性と肉欲の間でもがく感じですよ。うん。

子供の親権の話。なぜか弁護士代までだして協力しようとするようなのも、わからないといえばわからないところだけど、彼女はやっぱり、自身の娘との距離感に不安を覚えていて、同じように母子の絆が試されてる状況にのめり込んでいるのかなと。競馬で弱い馬がトップ集団に食らいつくのに親近感を覚えたりね。まあ適切でないたとえですが、共感というものは結局自身の感情の下地からしか生まれないわけだから。そんなふうに他人の親子関係にやっ気になってたら娘と溝が生まれるってかなしいね。

それで金持ち親子の方も亀裂がって、いやーやな感じに面白いほんと。



この記事をシェアする
  • B!

コメント

このブログの人気の投稿

ワイは猿や!目の前のやるべきことにも集中できない猿や!

謎日課、たとえ力を鍛える「堪えがたい」

グリットを鍛える「あなたの成功を喜んでくれる人は誰だろう」