一発書きで読める文章が書きたい。

  • B!

 いつもまごまごして結局何もしないでおなじみ私です。

で、何が私に二の足を踏ませるのか、踏みすぎてタップダンスをマスターしてしまいそうになるけど、二の足フリークな原因は、自身のポテンシャルの中途半端さ故です。

というのも、私はどこかいま時点以上に何かができると思い込んでいるフシがあるようで、どうにもやることなすこと、ちょっと足りてないと気をモタゲてしまうタチなのです。

で、文章を書くってのも、コレが足を引っ張るんですよ。二の足を踏むとか足を引っ張るとか近めのフレーズを使うと混乱するから良くないですね。

とにかく、なにかを伝えようと書き始めて、着地もうまく決まらず、面白い寄り道も浮かばずでは、書く意味さえないのではと思えてくる。

せめて、理解できる程度の文章を第一項から構築できねばブログなんて続かないってもんですよ。

ってことで、ドラマの感想とかテキトーに描いてみたものの、なんかね。無理してユーモアねじ込もうとしているのはもう治らないビョーキみたいなもんなので良いとして、ドラマを見てどう思ったか、語りたいところはいくつかあるものの、散漫すぎて何がいいたいんだか、説教したいだけの上司のほうが論旨がしっかりしてるってもんです。

で、それでも練習がてらこういったことはしばらく続けていこうと思います。

一つの目標は、せめて伝わる、コレに尽きる。

この記事をシェアする
  • B!
次の投稿 前の投稿
コメントなし
コメントする
comment url