見たい映画をチョイスする気力さえ薄く、見放題期限間近のやつばっか見てるので、ポケモンの話題です。

まず、私はポケモン弱者です。

ブーム直撃世代なはずなのに全く触れることなくここまで来ました。ゲームも一本もやってない、アニメシリーズも見ていない。

古典扱いになってたのでミュウツーの逆襲だけ見て、記憶から消え失せた程度の弱者です。最初にミューツーってタイピングしてGoogle変換に注意されるくらいの弱者です。

さて、キミにきめた!ですが

結論は


別に初心者向けじゃねぇ


です。


予想外です。ピカチュウとの出会いからやり直すリブートモノ的な作品かと思いきや、出会いの導入部を思い出す懐古趣味を入れただけであとはわかってる前提のお話と、長期シリーズゆえのお遊びで、玄人向けの作品でございました。

でも結構面白く見れました。ポケモンかわいいし。

一番おもしろいのは、かなり客観視された自己言及的なメタフィクション要素が入っているところ。

途中サトシが幻覚を見る場面、夢うつつに見た世界は、まるで我々の現実世界のようで、ふつー学校に通って退屈な授業を受ける、この世界にはポケモンなど存在しないかのよう。それでもサトシはどこか遠くを夢見るという。

かなり危ない綱渡りをしている描写というか、ポケモン世界を危うくしているメタ要素かと思うのですが、門外漢としてはここがけっこうぐっと来る。

長年見ているわけではないのでキャラクター個々に感動することはあまりなけれど、このメタから見えてくるポケモン世界を夢見ているサトシ、現実からポケモンをプレイしてその世界に没頭しているプレイヤーを地続きにするような要素。それによって、長年愛されている作品に対するファンたちの愛こそが感動的なように思えた。門外漢としてもその人気の凄さはわかってるつもり。そしてそれが物語にシンクロして、ゲーム的な展開の肯定と、その愛着によってサトシがこの世界に留まっているかのような描写。長年のファンには感動的だし、それを見ている私も結構感慨深い気もしてきた。

ただ、作品としてはさほど丁寧とも言えず、映画の尺の中でその愛着を示せているとはいい難かったかな。

エンドロールでたくさんの知らない人たち、いやテレビのレギュラーのみなさんとは知っているのだけど、そんな人達の顔が浮かんでくるのを観るとやっぱり外様の気持ちに戻されるわけで。

ま、なかなかおもしろかったです。

でもいろいろ論争を呼んだあのセリフはなしだと思います。本来感動というものは、心が通じ合っているように思えることのほうが感動であって、言葉が通じ合うのなんて詐欺師でもできることですからね。