まだサービス精神の残る原田眞人『突入せよ!「あさま山荘」事件』

 そういえば見ていなかった映画シリーズ

って心残りだったわけでもなく、見放題終了間際にみたよ。

面白い。

原田眞人監督の最近の作品は、リアリティのためにホスピタリティをトレードオフしている帰来があって、聞き取れないセリフで登場人物たちが感情任せに振る舞って、雰囲気だけしかつかめないってのが多い気がします。

でも本作は、ギリギリ説明が頭に入ってくる忙しなさで、なんとかついていけた。

合間合間に気の抜けたゆるめのシーンが有るのも嬉しい。

警察側しか描いていないって意見もあるようだけど、むしろ個々まで赤軍の顔さえ見えないのは、不公平な作品として誠実なのではないかなと思います。

やっぱ役所広司は良いですねぇ

この記事をシェアする
  • B!

コメント

このブログの人気の投稿

ワイは猿や!目の前のやるべきことにも集中できない猿や!

謎日課、たとえ力を鍛える「堪えがたい」

グリットを鍛える「あなたの成功を喜んでくれる人は誰だろう」