グリットを鍛える「困難な チャレンジをあなたはどうやって成し遂げたのだろう」

  • B!

 さて、前回は人生で成し遂げたことなどなにもないと述懐したが、今回はどうやって困難に立ち向かったかを振り返らなければならないようだ。

そんなことは豚に空の飛び方を聞くようなもので、ないことをきいても仕方がない。

私がある程度成し遂げたことは、それは困難ではなかったからだ。仕事にせよプライベートにせよ。それは解決可能であるとか、見通しがはっきりしていりうものにしか挑んでこなかった。挑むとさえ言えない。霧の中では船は出さない主義だ。

そう思うと、今回の自己探求はマイナス面しか思い浮かばない。自分を知る上では大事な事かもしれないが、どうにも負のエネルギーを抱え込んでまたブログの更新が遠のきそうだ。

私はとにかく失敗を恐れている。恥をかきたくないし、自分が無能なのを自覚したくない。そう思って、石橋を叩くことさえなく避けて歩んでいる。

そういった、いわゆるフィックスマインドセットをなんとかしたいといろいろの本を読んで心を変えたいと思っているが、今書いている文章のように、エクササイズとして自己を掘り下げると、どうにも変えることはできないという確信を深めるばかりだ。

と主節が反転してしまうが、今気づいたことがある。私が一番業績として挙げられるのはYoutube活動だった。数字としては微々たるものだが、大抵の人は1000登録を超えられれないそうだから私もなかなかに頑張った。それはできるという確信が会ったわけではなく、できないかもしれないというマイナスの発想さえなく集中していたからと思う。いわゆる楽しいからできた。みたいな状態だ。それがいつの間にか数字を追いかけたり、評判を気にするようになって行動できなくなっていた。

このあたりからなにか生まれ変わるきっかけが見えてくるかもしれない。

フロー体験の研究によれば、身の危険をともなうエクストリームスポーツの愛好者は、危険に身を任せて、その興奮の虜になっているというイメージを持たれているが、実はその逆で、困難な状況そのものをコントロールしているという統制感覚の虜になっているそうな。

そこから考えるに、私という同しようもないグズを再建させることはエクストリームスポーツに匹敵するような統制感を味わえる最高のフロー体験となることは間違いないはず。

でも、それができるのだろうか。

その不安を払拭しなくては、できなくても、少しでも得られるものがあるはずだと。

この記事をシェアする
  • B!
次の投稿 前の投稿
コメントなし
コメントする
comment url