楽に人生変わるならそれに越したことはない。

ということで、一日5分で人生変わりそうな本をセレクト。


は?


なんだこれ。


著者の来歴からしてふわふわしている。

「早稲田大学を卒業後、ビジョントレーナーとして活動」

もはや何も言っていないレベルの経歴。これは身構えて読み進めなくては。


それで、肝心の内容は

こっちはもっとふわふわしている。

「目の周りの外眼筋のクセや緊張によって、視機能の影響が出る。」

そりゃまあ納得できる。

「その認識のせいで、発達障害のような症状が出る」

へーそうなんだー。

空間の把握が何だとか、のたまっていはいるけど、論文や研究の例などが一切出てこない。こんな本を信じる人なんているのか。

参考文献リストさえもなく、書かれていることすべてが根拠不明。

まあそれは著者の信条なのかもしれない。

私はビジョントレーナーとして「発達障害は脳の障害ではなく、運動の質と量の低下、そして環境の変化が発達の隔たりを生んだ結果」というふうに捉えている

との一文、なぜそういう考えに至ったかの流れも不明なので、ほらなんかのフィーリング何じゃないのかな。


その上、もし内容を信頼したとしても、本として出来が悪い。

ビジョントレーニングの導入というのが

  • 19ページのチェック表で傾向を確認
間に根拠は示さない理屈を挟んで
  • 88ページのチェックでクセを理解

エクササイズなのかチェックなのかもわからない説明。

  • トレーニング説明とトレーニグのチェック項目
説明とチェック項目に間があるので、非常に確認しづらい。

といった流れで、まとまりが悪い。


なぞの肩書、ビジョントレーナー。いまはトレーナー育成にも励んでいる。

なんか、気功の伝授みたいなふんわり感。