ビートたけしを存命中に追悼する映画『浅草キッド』

  • B!

 


それなりのいい映画。


導入部の時間制っていがガタガタしていたり、いまいちテーマが絞られていない感はあるけれど、題材に対する敬意の感じられるいい映画だった。


ビートたけしのお笑い論を入れ込むかと思いきや、どちらかというと師匠から受け継いだマインドを表現していると感じる。

特に、楽屋の仲間内でのボケ合い、居酒屋の客たちを笑わせようと師匠と張り合うところとか。その場その時間でみんなで楽しく過ごすという普遍的な快さが描かれていて感動的。

ただし、芸の原点のように描かれていて結構な尺をもっていくタップダンスが小道具程度のしかなってないのは残念。笑いのタイミングや、ビートと命名していくところと絡められそうなのになんだかフェードアウトしていくような要素だった。


ラストシーンは映画としては駄目といえば駄目な場面だと思う。現在のビートたけしが師匠のように落ちぶれていくわけでもないし、別に昔を懐かしむきっかけもないし、それなのにあのラスト。

しかし、これが完璧なエンディングになる時期が来る。

おそらくだが、監督も、それを見越して作ったラストシーンなのではないかと思われる。

不謹慎な見方だけど、スターの晩年を描く映画としてのいち要素が追いついてくることをわかった上でのストーリーなのかもしれない。

そうすると、昔を懐かしむきっかけがよくわからないという要素も、死期を悟ったという見方に変わり、物語全体が説得力を増していく。

まあ、ビートたけしの話術の基礎は不謹慎から成り立っているので、存命中に追悼するギャグとしてもなかなかに面白いかもしれない。


監督

劇団ひとり

原作

ビートたけし

脚本

劇団ひとり

エグゼクティブプロデューサー

高橋信一

プロデューサー

有重陽一 深津智男

企画協力

秋元康

撮影

高木風太

照明

市川徳充

録音

池田雅樹

美術

磯田典宏

衣装デザイン

宮本茉莉

ヘアメイク

佐々木弥生

編集

穗垣順之助

音楽

大間々昂

主題歌

桑田佳祐

音響効果

岡瀬晶彦

VFXスーパーバイザー

牧野由典

タップダンスコレオグラファー

HideboH

特殊メイク監修

JIRO

助監督

蔵方政俊

スクリプター

古谷まどか

キャスティング

南谷夢

ポストプロダクションスーパーバイザー

山川健太郎

制作担当

桑原学

監督

劇団ひとり

脚本

劇団ひとり

原作

北野武(ビートたけし)

出演者

大泉洋

柳楽優弥

門脇麦

土屋伸之

中島歩

小牧那凪(のえる)

古澤裕介

大島蓉子

尾上寛之

風間杜夫

鈴木保奈美

この記事をシェアする
  • B!
次の投稿 前の投稿
コメントなし
コメントする
comment url