『ミスター・メルセデス』S1#09 アイスクリームマン

  • B!

解決か?

 

『ミスター・メルセデス』S1#09 アイスクリームマン

Mr. Mercedes


IMDb

Rotten Tomatoes

映画.com

Filmarks


さて全10話中の9話なので事件ずっとクライマックスって感じ。犯人の手がかりからあっさり身元特定まで行く。住所も特定されているけど、令状も準備できず突入には時間がかかると。

そのご、ビルも一緒に犯人宅に入っていくんだけど、法廷ドラマとか見てると、おやと思うところ。未関係の一般人が現場にいるっていうのは証拠が汚染されていると弁護士が異議を申し立てるところだろう。まあそこはこのドラマの主眼じゃないから良いのだろうけど。

今回興味深かったのは、犯人の遺したビデオレター。「なにを起こしたかはすぐにわかる。なんでかはなかなか出て来ない。これっていうのがみつからない」このドラマはそれがテーマなんだろうか。いくら専門家がプロファイリングしようとも、スティーブン・キングのような文豪が心理を描こうとも、本当のところがわかりようなんてないのかもしれない。だからこそ犯人の周辺情報が多くて、決定打がわかりにくように描かれているのかもしれない。

熱い自分語りに引き込むとするとこのあたりだろうか。私も自分がなぜこんな感じなのかということを考えている。要因が浮かばないわけではない。学習性無力感たまものかなと思ってみたりするけど、でも決定的なトラウマだとか何度もフラッシュバックするターニングポイントがあるわけでもない。結局のところ、過去の自分の組成なんて複雑過ぎて当人も理解できないから、そんなことよりも今現在を起点としてそこからの未来だけを考えろってこともあると思うんだ。まあ過去も素材となる知識か活力となる思い出なら活かしようがあるけれど、それ以外は無価値だ。

さてラストは犯人死亡かという場面だったが、おそらく最後の企みが残されているだろう。 

 




検索用









この記事をシェアする
  • B!
次の投稿 前の投稿
コメントなし
コメントする
comment url