『ミスター・メルセデス』S2#07#08 凶日/大切な患者

  • B!

面白いけど面白さを認めたくない感じ。

 

『ミスター・メルセデス』S2#07#08 凶日/大切な患者

Mr. Mercedes


IMDb

Rotten Tomatoes

映画.com

Filmarks


さていよいよブレイディが目覚めそうだ。操られていた病院職員がビルに襲いかかり反撃で死亡。そのさいにビルのファーストネームを呼んだことで、ブレイディが操っていたと確信する。

まあね面白いといえば面白い。製薬会社のあれこれで歯車がうまい具合に悪い具合になってブレイディが超パワーを獲得するのとか楽しいけども。やっぱジャンルが。なんかいおなじ話をするのかってもんだけども、やっぱり見ていて抱くのはその点だ。どうしても拭き取れない隅のホコリみたいなもんである。でそれはほかの作品なら気にならないかというと、たぶんユニバース系ならなんとかなったんだろう。現にキング先生原作では、他作品とのリンクがあるらしい。つまりこのミスターメルセデス以外の作品リアリティの力を借りることができるわけだ。MCUだって、単体作品ごとにリアリティを確立しながらも他作品と掛け合わせることで世界観を広げている。そういった触媒的なジャンルの押し広げがあればまだ本作も柔軟性を持って見ることが出来たけれども、単体でいきなりとはきつい。

だから超能力と、オカルト捜査として楽しめる段になってきてもネチネチとそのことが気がかりになるわけだ。

テーマ的にも色々と面白いところも多い。このにわかには信じられない現実とは思えない出来事が起きる。そして世界とは日常見えている以外にも本当の顔を持っているのだと思い知りう。そういったテーマはキング作品で共通するテーマだ。 ホリーがちょっとそれを思わせるセリフを言う。私は訪問者だから。表面上は、人とは違っていて変わり者扱いされる居場所のなさを言っているようでいて、ダークタワー的な世界の層を匂わせているようにも考えられる。

っていってもドラマだとこれ以上広がらないだろうし、そもそも企画としてキング初めての本格ミステリーだって触れ込みだったのにいつもの雰囲気に転がっていくのがマイナスに思えて仕方がない。

どうなるんだこの先。シーズン3まであるけど。




検索用





この記事をシェアする
  • B!
次の投稿 前の投稿
コメントなし
コメントする
comment url