『ミスター・メルセデス』S3#01#02 ジョン・ロススティーン殺人事件/第三の男

  • B!

 サスペンス・ミステリーかな?サイコファンタジーかな?

 

『ミスター・メルセデス』S3#01#02 ジョン・ロススティーン殺人事件/遅すぎた愛

Mr. Mercedes


IMDb

Rotten Tomatoes

映画.com

Filmarks


さあ、多分最後のシーズン3の始まり。ルーがブレイディを殺害後、彼女が裁判で裁かれるのかという話と、別件の有名小説家殺害事件が並行して描かれる。

もうサイコパワー的なすこし不思議展開がないのだろうか。比較的リアルベースな犯罪ドラマの雰囲気に戻っている。ルーの裁判の方は、市民が無罪を望んでいるものの検事としては殺人として問わないとならない。さらに裁判長は選挙も控えてると法廷ドラマの様相を呈している。

そして、ビルが依頼される小説家殺人事件。ビル個人も特に思い入れのある作家で、しかも過去になにかあるような雰囲気も。このあたりは、犯人の強盗の顛末がお粗末で、ファーゴを見ているような雰囲気だ。

まーふつーな感じで始まった。

良かったところは、ルーが精神的に追い詰められていて、ブレイディが来ると言っているところ。全シーズンの超常展開があるからこそ、なにかゴースト的なやつが来てるのかと恐怖感を増していた。さて全10話とコンパクトだからさっと見終わるだろうけど、この2つの主軸はどうやって交差するのか。

主軸が交差したらまずい気がするな。最近適当な例え話をねじ込んで文章力偽装をしたいと思っているのだけど、なんだか的を得ても射てもいないようなことしか思いつかない。普通の人ってのは、推敲前の第一項ですでにおもしろ文章がかけているのだろうか。

 

 




検索用







この記事をシェアする
  • B!
次の投稿 前の投稿
コメントなし
コメントする
comment url