Latest Posts

最新の投稿
たった一本だけの監督作『明日、君がいない』

たった一本だけの監督作『明日、君がいない』

日々生きづらい要素を見つけることに糧を見出している気もしてきました。 そんな生きづれぇ学園を舞台にした。 明日、君がいない 冒頭、生徒の誰かの自殺現場が目撃される。そして、その朝からの様子が群像劇で描かれる。 一体誰が 普段の学校生活をドキュメンタリっくに切り取った作品で、エレフ...

入鹿瀬尚 2021/6/7

謎日課、たとえ力を鍛える「やさしい」

ランダムに言葉を選んでるけど、ちゃんと使えるシチュエーションを想定しないとあまり応用力は身につかいないように思い始めました。 1.まるで宝くじがあたった直後の自称友人のように 2.おそらく取り立てのときには掌返すことが予想される金貸しのように 3.失った我が子を重ね合わせてるのか...

入鹿瀬尚 2021/6/7
良かれ悪かれ時代は変わる『ブラス!』

良かれ悪かれ時代は変わる『ブラス!』

世間がしんみりしているなかしんみりした映画でも ブラス! 原題の Brassed Offはうんざりって意味らしいです。 何がうんざりか、90年代のイギリスで炭鉱が閉鎖に追い込まれている。鉱山中心に成り立った街では、仕事がなくなると居場所自体が消滅しかねない、会社はそれをしってかし...

入鹿瀬尚 2021/6/6
子供のトラウマに最適『Return to Oz』

子供のトラウマに最適『Return to Oz』

積み映画消化の日々。 『OZ』 です。 オズの魔法使の続編、のような、関係ないような。 原作の続編を映画化ってのが正しいみたいです。 オズの魔法使は魔法の国に行って冒険してワクワクドキドキ、教訓もありと寝物語としては完璧な昨日だと思っていたのですが 今回は、なんか夢をぶち壊すのが...

入鹿瀬尚 2021/6/5
いい話だなー中央値『モーツアルトとクジラ』

いい話だなー中央値『モーツアルトとクジラ』

進んで映画をみるというより、積んであるものを消化するようなシフトに入っております。唯一の趣味も能動的にできないのは弱っている証拠ではありますが、何もしないよりはましなのです。 で、『モーツアルトとクジラ』 アスペルガー症候群の青年と、自閉症の女性のラブストーリー こう言っては悪...

入鹿瀬尚 2021/6/4

謎日課、たとえ力を鍛える「おおっぴら」

やる気はなくても、取り掛かるうちに何かが湧いてくるのが脳科学的にも正しいらしいですよ。 今回は「おおっぴら」 普段から使わないしなこんなの。 1.もはや事務所を辞める気でいるアイドルの逢引みたいに。 2.機密保持期間空けの極秘資料くらいに 3.息子の気持ちも知らないで、私達進歩...

入鹿瀬尚 2021/6/3
笑っちゃいけないお笑い草『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』

笑っちゃいけないお笑い草『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』

遅まきながら赤軍ブーム来たるということで、突入を見たのでこちらも。 いやね、笑っちゃいけないけどほんとに爆笑してしまいました。 内容としては、革命の方向性もあやふやなまま逃亡生活に入って、参加者全員の思想が一致してるかも怪しい中、何かを信じて戦闘訓練をするという。そしてそのうち...

入鹿瀬尚 2021/6/2
まだサービス精神の残る原田眞人『突入せよ!「あさま山荘」事件』

まだサービス精神の残る原田眞人『突入せよ!「あさま山荘」事件』

そういえば見ていなかった映画シリーズ って心残りだったわけでもなく、見放題終了間際にみたよ。 面白い。 原田眞人監督の最近の作品は、リアリティのためにホスピタリティをトレードオフしている帰来があって、聞き取れないセリフで登場人物たちが感情任せに振る舞って、雰囲気だけしかつかめな...

入鹿瀬尚 2021/6/1